Casa BRUTUS vol.173 AUGUST

DSC_5090

少し遅くなりましたが、メディア掲載のお知らせです。

Casa BRUTUS vol.173 AUGUST 「井上雄彦とガウディ巡礼」
GOOD TOOL for ME(p171)という企画ページで
chiobenこと山本千織さんによる愛用の鉄のフライパンとして
WEEKENDER Squareをご紹介頂いています。

カーサブルータスによるガウディ、スペイン特集は、
もちろん読み応え有りの内容ですので、まだご覧になられていない方は是非。

– – –
Casa BRUTUS
chioben
chioben workshop

GRANOLA QUICHE. d design travel FUKUOKA Edition

DSC_2956

 


DSC_2960

DSC_2981

DSC_2993

DSC_3001

DSC_3053

DSC_3033

DSC_3038

DSC_3042

DSC_3048

DSC_3062

DSC_3108

DSC_3117

DSC_3119

DSC_3123

DSC_3131

DSC_3157

DSC_3178

DSC_3193

DSC_3200

DSC_3210

現在、d design travel FUKUOKA EXBITION (@ヒカリエ8/) にWEEKENDERを出展中につき、
前回に引き続き、D&DEPARTMENT 福岡店でセレクトされているアイテムを勝手にフィーチャーしたメニューをご紹介します。

パッケージがリニューアルした「FRUCTUS Granola」。
フラクタスさんのグラノーラには、福岡を始め九州の生産者さんの良質な素材がふんだんに使われているようですね。

その中からセレクトしたのは、Start Your Day Right ドライフルーツグラノーラ。
柑橘類の香りと、レモン果汁とオレンジピールのやさしい酸味が特徴で、やや甘さ控えめ。

ヨーグルトやミルクと一緒にそのままシンプルに頂くのがお薦めとのことですが、
今回、わたしたちは、『キッシュ』を作ってみることにしました。
WEEKENDER ROUNDのスキレット(上フタ)を使って、オーブンで焼き上げます。

生地にはたっぷりグラノーラを!!!

焼き上がり、香ばしい香り。
グラノーラ、パイ生地、キッシュ生地の食感のバランスが良く、上品な甘さと風味。
休日の朝食に是非どうぞ。

ちなみにWEEKENDERですが、スキレット(上フタ)単体で使え、
テーブルではそのまま器として機能するので、今回のようなメニューに特に活躍してくれます。

 

– – –

GRANOLA QUICHE
– パイシートをスキレットに敷き詰めて重りをのせ、180℃で余熱したオーブンで20分焼く。
– 卵1〜2個を溶き、生クリーム、牛乳、砂糖を適量加え生地をつくる。(今回はややタマゴの分量が多かったようです。)
– パイに流し込み、グラノーラを好みの量(ふんだんに)入れる。
– 180度のオーブンで再度20分焼き上げ、完成。

Tips.
 出来立ても熱々で香ばしく美味しいですが、一晩冷蔵庫で寝かせるとしっとりと馴染んで一層美味しいのでお薦めです。
また、こちらのグラノーラだと、生地にコアントローを適量加えても、酸味と甘みとの相性が良いと思います。

OTHER RECIPES


– – –

WEEKENDER Round

FRUCTUS

d design travel FUKUOKA EXBITION

かしわめし. d design travel FUKUOKA Edition

DSC_3345


DSC_3335

DSC_3348

DSC_3350

DSC_3366

DSC_3378

DSC_3381

DSC_3387

DSC_3388

DSC_3391

DSC_3410

DSC_3413

DSC_3414

DSC_3449

DSC_3464

DSC_3400

DSC_3477

DSC_3480

DSC_3484

先日のブログでもご紹介したようにd design travel 福岡号 発刊にちなんで、
D&DEPARTMENTでは、デザインと旅を視点とした福岡関連企画が多数展開中です。
WEEKENDERも、会期中d47 MUSEUM(渋谷ヒカリエ8/)にてお取り扱い頂いています。

そこで今回のメニューは、
D&DEPARTMENT 福岡店でセレクトされている「博多 かしわ水炊き缶詰/骨付き鶏肉入り」を使用して、
「かしわめし」を作ってみることにしました。

こちらの缶詰、味のあるパッケージのグラフィックからも
骨付き鶏肉からの濃厚な旨味が効いた出汁で、いかにも美味しく仕上がりそうです。

そこでシンプルに、この缶詰をまるごと一缶、ごはんと一緒に炊き込むことにしました。
調理時間は20分ちょっと。

期待を裏切らない出汁の効いた水炊きの上品な風味に加え、
お米ひとつぶひとつぶの旨味も一層引き立ち、ダッチオーブン(鋳鉄製品)ならではの炊きあがりになりました。
WEEKENDERで炊くお米の美味しさ、皆さんにも是非召し上がって頂きたいです。

缶詰を使ったメニューは、アウトドアでも活躍しそうですね。

– – –
かしわめし
– お米2合を入れて研ぐ。       (WEEKENDER Roundは、お米2合が炊けるサイズです。)
– 水炊き缶詰 1缶を注ぎ入れる。    (今回の缶詰は、スープ330cc濃縮2〜3倍のもの。)
– 淡口醤油小さじ1杯と水50ccを加える。(お米2合に対して、水分量は350cc〜400ccを目安。)
– 蓋をして中火にかける。
– 蓋の間から蒸気が出始めたら、弱火にして12分。
– 火を止めて、10分蒸らす。
– 炊きあがったら、全体を軽く混ぜる。
– 三つ葉や大葉などを添えて完成。

Tips.
お塩やこめ油を適量加えて味を整えても良いですし、

山椒の佃煮を混ぜてもさらに美味しく仕上がります。(chioben workshopより)
お好みでアレンジ下さい。

OTHER RECIPES

– – –
WEEKENDER Round

– – –
d design travel FUKUOKA EXBITION

d design travel FUKUOKA

d_f

DSC_2847

DSC_2839

DSC_2858

dtravel_fukuoka

d design travel FUKUOKA 発売に伴い、
d&department 福岡及び、d47 MUSEUM(渋谷ヒカリエ8/)にて本日6/19より約一月に渡り、福岡祭りが開催されます。

わたしたちのWEEKENDERも、
d47 MUSEUMにてお取り扱い頂いています(八女のうなぎの寝床shopにて)。
関東でのお取り扱いは、今回が初となっていますのでこの機会に手に取ってご覧頂けましたら幸いです。

福岡の魅力に触れれる今回のイベントに是非、足をお運び下さい。
そして、本を手に福岡にもお越し下さい。

 

– – –
Event info.
d design travel FUKUOKA

Book.
d design travel FUKUOKA

Location.
渋谷ヒカリエ8/(d47 MUSEUM, d47 SHOKUDO, COURT

– – –
Thanks.
うなぎの寝床

GS Rain Shoes by MOONSTAR【VIMEO】

 

先日久留米で撮影されたムービーがアップされました。
映像は、白木世志一氏(WHITREES OFFICE)によるもの。
是非ご覧下さい。
WEEKENDER Roundもシーン中に一瞬登場してます。

– – –
STUSSY LIVIN’ GENERAL STORE  –  GS Rain Shoes by MOONSTAR
STUSSY  –  GS Rain Shoes by MOONSTAR
WHITREES
PERSICA  –  COMING

– – –
WEEKENDER Round

10 / 13First...89101112...Last